TOEIC 自宅

イングリッシュモンスターは本物のダメ人間だった

”イングリッシュモンスター”と呼ばれ、TOEICテストで24回の990点満点を取っている菊池健彦さんは、
書籍の中で「昔は、本物の駄目人間だった」と語っている。

忘れ物や無くし物は数知れず、学校の先生からは”人間のくず”と呼ばれ、会社を34歳で辞めてから
引きこもりを始め、毎日好きなだけテレビを見てボーっとしていた、とのこと。

暇つぶしに英語の勉強をしてみよーっと

そんな菊池さんがある日、たまたま書店にぶらーっと立ち寄り、ふと目にした英会話の入門書を見て、
暇つぶしに英語を勉強しようと思ったらしい。きっかけは”何もしないことに疲れた”こと。

それまでは本格的に英語の勉強をしたことのない駄目人間だったのに、(無職のために)お金をかけずに
会得した勉強法。それがイングリッシュモンスターの著書にある”引きこもり留学”最強勉強術。

この方法で勉強すれば誰でもTOEICで高得点を取れる、とのこと。

そんな菊池さんは今は・・・

そんな駄目人間だった菊池さんが、990点満点を24回も取っているのだからその威力や凄まじい。

最後に彼はこう言っている。「あとはあなたのやる気次第だ。」と。
菊池さんは一度も留学に行ったことはないが、ネイティブスピーカーとはふつうに話せ
「ニューヨークタイムズ」「ニューズウィーク」などの英語新聞、雑誌は
”日本語同じ速さ”で読めるとのこと。

どうだろう。啓発されることは多いのではないか。
英語は年齢ではない。思い立ったときがベストタイミングであることは
”イングリッシュモンスター”菊池さんから教えられる。

初回受験TOEIC400、2週間後TOEIC785を突破した秘密は?

以前9800円で販売していた276ページのTOEIC教材を無料でプレゼント

キャンシステム