TOEIC 自宅

TOEICを自宅で勉強する際の教材はコレ

TOEIC成功の鍵は、短期集中に尽きる。ほかの方法論、選ぶべき教材などは全て短期集中を可能にするための補助材料にすぎない。もちろん、あなたが学習をする、という前提での話だ。短期集中とはどの程度なのかといえば800点までに3ヶ月、900点までに更に3ヶ月トータルで半年間だ。もちろん長引いてもペナルティがあるわけではないから長引くのは自由だし、多少長引いても900点とれるならまだいいだろうが、目標達成率そのものが下がることを認識してほしい。

つまり長引くほどに900点をとれる可能性が低くなり、言い換えると挫折に終わる可能性があがるということだ。だから半年、最大でも1年でとらなければならないが、これにはそれを可能にする教材とノウハウ、そしてそれを使いこなすためにはスクールではなく自宅での独学が必要だ。最高レベルに近い900点越えは英語教育の拙い日本では目立つ点数だが、それでも人間性や行動力などを測るまけではなく、所詮はテストにすぎない。

テストであるからにはテストに勝てばいい。出題に沿えばいいだけだが多くの人はそれを見抜けないのだ。しかし自分で見抜く必要もない。そうしたTOEIC攻略の極意を研究しつくした教材を使えばいいことだ。国内で見渡したところ、その極意を含んだ教材は、というよりその極意だけに絞った教材があった。TOEIC戦略論という。口コミで最高評価もとっている。英語難民と言われる日本人も捨てたものではないではないか。

初回受験TOEIC400、2週間後TOEIC785を突破した秘密は?

以前9800円で販売していた276ページのTOEIC教材を無料でプレゼント

キャンシステム