TOEIC 自宅

TOEICは1人でやるべき。友達とやらない

TOEICを続けられるかどうか、友達とやるべきか独学がいいか、あなたがそれを悩んでいるなら、ここは正直に言うほうが親切というものだ。そんなことを悩んでいる時点で成功の確率は低い。あなたがTOEICをやるのは何故か。趣味のひとつならば、楽しいほうをとればいいのだから、悩んでいるということはTOEICで800や900といった高得点をとりたいというのがTOEICをやる理由に違いない。すまないが700点が目標でも趣味とみなす。使える点数ではないから。

そもそも800点や900点をとるための学習期間が長期だと想定しているから、続けられるのか、なんていう悩みがでてくるのだ。まず知らなければならないのは、長期計画では800点や900点をとるのは非常に困難、というより挫折する可能性の方が高いことを認識してほしい。短期集中。これがTOEICに限らずあらゆる資格や免許、検定試験の鉄則だ。具体的には800は3ヶ月でとる。900は半年だ。もちろん間違った勉強法ではこの短期ではとれないし、ぐうたらやっていてもとれない。だから短期集中を可能にするノウハウと教材が必要だ。

恐ろしいことだがどんな試験も長引けば長引くほど成功からは遠のく、というのは事実だ。だから友達とやるなんてもってのほか、自宅で1人TOEICマシーンと化してやりまくるのだ。心配ない。途中で成果がどんどん現れ飽きずに夢中になってくる。続けられるかどうか考えるより早く夢中になればいいだけのことだ。

初回受験TOEIC400、2週間後TOEIC785を突破した秘密は?

以前9800円で販売していた276ページのTOEIC教材を無料でプレゼント

キャンシステム