TOEIC 自宅

まず、スクールに通う時間が無駄

初めに認識してほしい。今やグローバル化の時代。日本人でもTOEICは必須、となりつつある。いやなっている。TOEICを目指してスクールに行って700点をとって喜ぶ人はもういないだろう。TOEICはとって当たり前。しかも実際に使えるのは少なくても800点以上だ。しかしそのためにスクールに通っています、なんていうのは、かなり古い。TOEICがなければ就職もままならない必須のもの。だからそんな大げさなものではないのだ。自宅で独学し、あっさりとっておくのが当たり前になりつつある。

そもそもスクールに通う時間はかなり無駄だ。あなたが1時間の講義を受けにスクールにいくとしよう。まず往復にかかる時間。片道20分としようか、往復で40分。しかしこれは街中に住んでいる人の話。しかも近くに目当てのスクールがなければ片道1時間もかかる人もいる。そしてスクールには部屋儀やパジャマではいけない。人前に出られる姿に着替え、寝癖もなおし、女性は化粧をする。あまりにマニキュアがはげていては出かけられないからそのケアもする。そして実質、勉強につかった時間は講義の1時間だけだ。

それだけではない。往復と準備に時間をかけた上に、毎回必ず授業開始1秒前に着席できる人はいないから毎回待ち時間が発生する。これを一ヶ月分加算してみてほしい。そしてクラスメイトが特にかわいい子含みで、「帰りに懇親会でも。」などと言ってくる。行くだろう。あなたが本気ならば独学を勧める。

初回受験TOEIC400、2週間後TOEIC785を突破した秘密は?

以前9800円で販売していた276ページのTOEIC教材を無料でプレゼント

キャンシステム