TOEIC 自宅

スクールにも当たり外れがある

英語スクール、TOEICスクールにも当たり外れがある。オンラインでTOEIC対策をさせるスクールがずいぶん増えたが、その内容は玉石混交だ。いや、正直いえば玉より石が多い可能性は否めない。もちろん、生徒の実力をつけることを主目的に良心的な経営をしているところもあるし、そういうスクールに行き当たれば幸運だが、家の近くになければいけない。

オンラインスクールもあるが、目に付くのはオンラインで問題を解くことのできる権利を半年分1万5000円程度で売るタイプ。これに素朴な疑問を抱かないだろうか。問題を解くならばオンラインの学習形態をとる必要がない。たとえ1000問解けるとしても、問題集や模擬試験集を買って自宅ですればお金も時間も少なくて済む。採点をオンラインでしてもらえるかもしれないが、試験勉強慣れしている人ならば採点時に誤りに気づくことで実力がつくことは誰でも知っている。その好機をみすみす逃していることになるのだ。

そして問題を解くだけのオンライン学習はどの程度できるのか「試す機能」しかないというのが最大の問題だ。試すのはたまにでいいのだ。必要なのは得点力を上げること。どうせお金を使うならそちらに使うべきなのだが、多くの場合、そちらのサービスが手落ちだし、明確なメソッドがない。しかしクレジットカードでの月ごとの課金やコンビニ支払いなどの各種制度は充実しており、収益アップのほうだけは余念がないのも多くの場合の共通点だ。

初回受験TOEIC400、2週間後TOEIC785を突破した秘密は?

以前9800円で販売していた276ページのTOEIC教材を無料でプレゼント

キャンシステム