TOEIC 自宅

企業が求めるTOEICの点数は低すぎる

今や社内共用語を英語にする国内企業がでてきている。長引く不況下で生き残るために大企業から中小企業までこぞって海外進出をするし、日本人は新採用の数割程度で、他は外交人を採用する、という会社も続出している。英語の勉強しています、なんていうのは使えない。英語は言語だ、仕事をする道具に過ぎない。英語はできてあたりまえ、のものなのだ。今、TOEICなどは自宅で学習してアッサリ高得点保持しておくべき時だ。それにしては学校の英語教育がいつまでもおそまつ、英会話スクールも毎月支払いはあるがいつまでも話せない、というのは周知の事実。

そんな日本のせいか結構な規模の企業であるにも関わらず、採用に関して求めるTOEICの点数は700点程度というのが現状だ。英語を仕事に使うのに700点程度ではいかにもお粗末だ。TOEICはペーパーテストに過ぎない。ペーパーテストの700点は使える英語の範疇に入らない。しかも、自分は700点でも話す相手はネイティブだ。900点以上の内容で話してくる。聞き取れるわけがない。更には700点同士で話したら仕事にならない。ただ、自分が900点以上ある側なら、自分だけは700点の話す内容を捉えることはできるだろう。

つまり大部分の企業が求めるTOEIC点数では低すぎるということ。自分は900点以上もつべきだ。「700点あれば採用されるならそれでいい。」という人、そこに900点で行ったらもっと採用も出世もしやすいはずだ。

初回受験TOEIC400、2週間後TOEIC785を突破した秘密は?

以前9800円で販売していた276ページのTOEIC教材を無料でプレゼント

キャンシステム