TOEIC 自宅

育児中でもTOEICの勉強は可能なのか

育児中にTOEICの勉強は可能なのか、という問いには「育児中にしないでいつするのですか。」と問いたい。育児といっても育児周辺の家事や雑用も含まれる。しかしまさかオシメを井戸水で手洗いするわけではない。使い捨てが殆どだし、手作りオシメのこだわり派でも洗濯機や漂白剤を使うだろう。その他の家事も家電がある。料理や離乳食作りもまとめて作って冷凍するなど、工夫次第で時間短縮は可能だ。集中して計画的にすれば仕事を持っている人の何倍もの時間がとれる。

「でも赤ちゃんは24時間まったなしなのよ。」という声が聞こえてきそうだが、生まれて数ヶ月もすればそれでも時間割りはできてくる。それに24時間待ったなし、というのは印象だけで、実際には子どもは昼寝もすれば早寝もする。1人になる時間はいくらでもある。そんな時期が過ぎると保育園や幼稚園が貴方に時間を作ってくれる。その時間を家事と井戸端会議にあてるのはもったいない。勉強に使いたい。

育児中に司法試験などの難関国家試験に合格するツワモノさえ何人もいるが、ことはTOEICだ。自宅学習で900点を目指すとしても、はっきり言おう、それでも「英語の勉強だけすればいい」ことだ。広範囲、高難易度の過酷な試験とは実際の勉強も気持ちも比べ物にならないものだ。それでも育児が一段落というときにTOEIC900点程度を武器に華々しく復職できるのだ。そう、育児中こそ自宅でTOEICの学習をする好機、次の好機は定年後だ。

初回受験TOEIC400、2週間後TOEIC785を突破した秘密は?

以前9800円で販売していた276ページのTOEIC教材を無料でプレゼント

キャンシステム